マウスピース矯正とは

透明なマウスピースの歯科矯正

歯並びに悩んでいて治したい。だけど、目立つ治療はイヤ…

誰にも気づかれないで治療したい!!

そんなあなたの悩みを解決します!!

従来、矯正治療といえばブラケット装置と金属のワイヤーで歯を動かしていきます。
この方法は、歯に直接装置を付けるので、“目立つ” “他人から気づかれる”といった欠点があります。

マウスピース矯正装置は、透明の取り外し可能な矯正装置で、ワイヤーを使用しないため、ほとんどつけているのがわかりません。マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。会話もスムーズにでき、近くで見ても目立たないため、誰にも気が付かれずに矯正治療をすすめることができます。また、自分で取り外しができるので、普通に食事や歯磨きができます。

治療中も笑顔に!目立たない矯正装置

透明なマウスピースの歯科矯正

マウスピース矯正「インビザライン」のメリット

透明だから目立たない

「矯正装置が見えると恥ずかしい……」
マウスピース矯正は透明だからこうしたお悩みは不要です。治療中なのを意識せずにお口を開けて生活ができますので、人前に出ることの多い方や、芸能活動をされる方々(アナウンサー・ニュースキャスター・俳優など)にも人気です。

痛みを大幅に軽減

「痛い治療は嫌だ……」
従来のブラケットによる矯正治療は月に一回の調整のため、痛みが数日続くことがありました。マウスピース矯正は2週間ごとの調整で、一度の移動も0.25mmだけ。さらにマウスピース矯正・アライナー(マウスピース)は精微なシミュレーションで作られていますので、痛みが少なくてすみます。

通院は1~3ヶ月に1回でOK

「何度も通院をするのは面倒……」
一般的なワイヤー矯正の場合、治療が終わるまで合計で30回程度の通院が必要となります。しかし、マウスピース矯正は1~3ヵ月に1回の通院にすることができるので、時間と費用を節約できる場合もあります。

食事の時は取り外し可能

「矯正器具に詰まる食べかすが気になる……」
お食事の際にはご自身で取り外すことができるので、見た目や食べ物の詰まりを気にせず、お食事を楽しむことができ、清潔さを保つことができます。

洗えるからいつも清潔

「装着しっぱなしだと衛生面が心配……」
従来の矯正治療は常に装着することが前提でしたが、マウスピース矯正は取り外し、丸洗いをすることができます。取り替え頻度も多いので、より衛生的です。

術前シミュレーションが可能

「矯正後の歯並びはどうなるの?」
クリンチェックというアプリケーションを利用したシミュレーションが可能ですので、治療後の歯並びを術前にご自身の目で確認することができます。また、治療中の歯の動きも併せて確認できます。
※場合によっては術前にシミュレーションができないこともあります。

型採り不要で手間いらず

「何度も型採りをするのは大変……」
マウスピース矯正は他の治療と違い、歯型採りはたった1回でOK。患者さんの負担が軽減されます。マウスピース矯正のシェアNo.1だからこその便利さです。
※場合によっては型を採ることもあります。

ずっと安心の管理システム

「装置をなくしてしまったらどうしよう…」
マウスピース矯正は矯正治療中の装置や治療後の保定装置(リテーナー)をデータベースで管理する体制が整っています。そのため、紛失などのトラブルにも対応可能で安心です。

マウスピース矯正のデメリット

自己管理が重要

インビザラインは取り外せることがメリットですが、22時間以上の使用が必須です。充分に理解していただき、自己管理が重要になります。

重度の不正咬合の場合

インビザライン単独での治療が難しい場合があります。

マウスピース矯正専門歯科医院田中矯正歯科

マウスピース矯正専門歯科医院田中矯正歯科

お気軽にお問い合わせください。

tel:099-257-9052

受付:9時~19時 土、日、祝日診療しております。

こんな方にオススメ!マウスピース矯正

人前に出ることが多いので、見た目が気になる…

営業職や接客業、モデルやアナウンサーなど人前に出ることが多い方には、透明で目立たないマウスピース矯正がオススメです。

固定式の矯正装置は違和感があってわずらわしい…

マウスピース矯正はワイヤーなどを用いた従来の矯正装置に比べ、違和感が少ないのが特徴です。

矯正治療のせいで食事が楽しくなくなるのは嫌だ…

お食事中はマウスピース矯正を取り外すことができますので、今までとまったく変わらずお食事をおいしく楽しめます。

金属アレルギーがあるんだけど…

マウスピース矯正は金属不使用ですので、アレルギーがある方も安心してご利用いただけます。

最先端3Dスキャナー「iTero」でお口の中をスキャン

iTeroイメージ

九州初導入のマウスピース矯正治療のためのiTeroスキャニング

iTeroイメージ

iTeroスキャニングシステムとは、口腔内を直接コンピューターに取り込むことが可能な世界で最新鋭の3Dスキャニング装置です。iTeroを用いる事で、従来より精度の高い歯型を採る事ができ、治療期間も短縮されます。

日本では2014年夏よりiTeroの導入が開始され、現在までに約27台のiTeroが国内導入され、田中矯正歯科でもこのたびデジタル3D光学スキャナー「iTero」を九州で初めて導入することとなりました。このようにマウスピース矯正治療に「3Dスキャナー」iTeroを導入している医院の数は、国内でも稀な数となっています。

マウスピース矯正治療とiTeroスキャニングの関係とは?

マウスピース矯正治療を成功させるために重要なことは、精密な歯型のデータをとることです。 精密な歯型をデータ化することで、iTeroスキャニングはより精密で確実なマウスピースを作製するために有効です。

歯科矯正用マウスピースを作製する場合、従来ではシリコンの材料を使って歯型を採取していましたが、2011年頃からアメリカ・ヨーロッパをはじめとする歯科先進国では精密性を高めるなどの目的で、歯型を取らない「3Dスキャナー」が登場しました。3Dスキャナーは、口腔内の状態を3Dデータとして精密に取り込むことができるため、シリコンでは再現できなかった細かな凹凸まで再現することが可能です。

iTeroイメージ

「iTero」のメリット

マウスピースの作製に「iTero」を用いることで、4つの大きなメリットがあります。

1.精密性・正確性
iTeroイメージ

シリコンによる歯型採取では、不可能だった歯表面の細かな凹凸までデータとして採取することができるため、患者さん一人ひとりに合った極めて精度の高いマウスピースを作製することができます。また、シリコンは歯型採取の際に変形してしまうリスクがありましたが、3Dスキャナーならその心配がないため、正確な形状採取が可能です。

2. 歯型を取らない
iTeroイメージ

シリコン印象(歯型採取)は、シリコン素材を直接お口の中に入れなければならないため嘔吐反射が起きるなど、不快に感じる方も少なくありませんでした。また、歯型をシリコンに定着させるために、長時間静止しなければならないこともデメリットでした。「iTero」による3Dスキャニングなら、こうした心配は無用。口にものを入れる必要がなく、すぐにスキャンが完了するため、不快な思いをすることはありません。

3.安全
iTeroイメージ

「iTero」の3Dスキャナーは放射線を一切使わないため、人体への影響はありません。また、お子様の歯型採取の際に起こりがちだったシリコン素材の誤飲のリスクもないため、どなたにも安全にご利用いただけます。また、スキャナーの先端部は取り外し可能で、毎回新しいものを使用するため、常に清潔な状態を維持できます。

4.スピーディ
iTeroイメージ

「iTero」の3Dスキャナーなら、スキャンしたデータをモニターですぐに確認可能。クリンチェック・シミュレーション(※)も早い段階で行えるため、マウスピース作製までの時間を大幅に短縮することができます。もちろん、再来院や模型の作り直しなどの心配も無用です。
※3Dデータで行う矯正治療開始から終了までの過程のシミュレーション

子どものマウスピース矯正治療

永久歯が全て揃っていない10代から始められる、
インビザライン・ティーンズ

矯正は早いほうがいい、でも目立つのはイヤ!

矯正装置の審美性を気にするのは大人ばかりではなく、中高生などの思春期のお子様たちも同じです。マウスピース矯正は、透明で目立たない矯正治療が可能なため、「矯正治療の必要があるけれど、学校に装置をしていくのはいや」とお悩みの中高生にも対応できます。

思春期にこそ目立たない歯科矯正を。

“インビザライン・ティーンズ”のメリット

透明なので見た目が気にならない

中高生のお子様はルックスやおしゃれに敏感です。マウスピース矯正なら人知れず矯正治療ができるため、コンプレックスを抱かずにキレイな歯列を手に入れることができます。

非抜歯で治療ができる可能性が高い

成長段階にあるお子様の顎の骨は未発達であるため、早期の治療によって顎を拡げることが可能。永久歯がきちんとならぶスペースを確保でき、非抜歯の可能性が広がります。

顎の成長をコントロールできる

成長段階にあるお子様の場合、早期の治療によって歯ならびの改善だけでなく、顎の成長を正しく整えることができます。上下の顎の噛み合わせが悪く前後にずれている場合は、正しい顎の成長を促すためにマウスピースにゴムをかけることでうまく成長を促すことができます。

ほかの矯正方法よりも虫歯になりにくい

一般的なブラケットタイプの矯正装置を使った場合は固定式なので歯ブラシが行き届きにくく、虫歯になりやすくなります。しかし、マウスピース矯正は装置の取り外しが可能。いつでも装置を清潔に保ちながら、歯をしっかりとブラッシングできます。

マウスピース矯正の料金

マウスピースの矯正治療費

580,000円~770,000円

矯正治療の相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正専門歯科医院田中矯正歯科

マウスピース矯正専門歯科医院田中矯正歯科

お気軽にお問い合わせください。

tel:099-257-9052

受付:9時~19時 土、日、祝日診療しております。

マウスピース矯正のよくある質問

Q. 手軽で目立たない矯正「マウスピース矯正治療とは?

「目立たない」「取り外せる」「痛みが少ない」

当院で使用しているマウスピースは、患者さん一人一人の歯型に基づいてカスタムメイドで製造される最先端のマウスピース型矯正装置です。マウスピースを定期的に新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。会話がスムーズにでき、透明であるため近くで見ても目立たないため、誰にも気が付かれずに治療をすすめることができる画期的な矯正装置です。また、自分で取り外しができるので、普通に食事や歯磨きができます。ワイヤーやブラケットを使用していないため痛みも少ないので、従来の矯正治療を敬遠していた方もぜひご相談ください。

Q. 治療期間はどれくらいですか?

一般的に1~2年ほどですが、症例によって異なります。
全体の歯を動かしていけるので、状況によっては従来のワイヤー矯正装置よりも早く治療が終了することもあります。

Q. どれくらいの間隔で通院することになりますか?

基本的には1か月に1回、噛み合わせが安定してくれば、2~3か月に1回の来院が必要です。仕事で忙しくて休みがとれない方や、遠方で通院することが難しい患者様でも、矯正治療をすることが可能となりました。

Q. 矯正治療をするに際して抜歯は必要ですか?

従来と比較して矯正治療技術の向上により、以前は抜歯しなければならなかった症例でも抜歯せずに治療できるケースが増えてきました。他院で抜歯が必要と診断された方も、是非一度ご相談ください。

Q. 矯正治療中は虫歯になりやすいのですか?

他の矯正治療方法よりも虫歯になりにくいです。一般的なブラケットタイプの矯正装置を使った場合は固定式なので歯ブラシが行き届きにくく、虫歯になりやすくなります。しかし、マウスピース矯正は装置の取り外しが可能。いつでも装置を清潔に保ちながら、歯をしっかりとブラッシングできます。

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

当院では子供の矯正治療は約28万円~、大人の矯正治療は58円~治療を始めることができます。
まずはお気軽に無料の矯正相談にいらしてください。

Q. 子供でもマウスピース治療を受けられますか?

当歯科医院では、3歳以上の子供に対してマウスピース矯正治療を取り入れております。矯正装置の審美性を気にするのは大人ばかりではなく、小中高生などの思春期のお子様たちも同じです。マウスピース矯正は、透明で目立たない矯正治療が可能なため、「矯正治療の必要があるけれど、学校に装置をしていくのは嫌」とお悩みの中高生にも対応できます。

Q. 年齢が高くても矯正治療できますか?

10代~30代で始める方が多いですが、もちろん高齢になってから始める方もおり、幅広い年齢層の方がマウスピース矯正をおこなっております。
年齢制限はありませんので、基本的に歯や歯肉が健康な状態であれば、年齢に制限なく矯正治療を行うことができます。

Q. マウスピース矯正治療の治療成果は歯科医院によって変わりますか?

マウスピース矯正治療は専門的な高度な知識と技術が必要です。
マウスピース矯正治療には一人一人に合わせた適切な診断や幅広い矯正治療の知識と経験が必要となります。知識・経験・技術により治療成果が大きく変わるので、適切な治療計画や診断、豊富な矯正治療の知識と経験と技術をもつ歯科医院を慎重に選ぶことが重要になってきます。

Q. 金属アレルギーをもっている場合でも、大丈夫でしょうか?

プラスティックでできているため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーの方でも安心して矯正歯科治療が可能です。

お問い合わせ

ご不明な点や気になること、お気軽にお問い合わせください!

マウスピース矯正専門歯科医院
田中矯正歯科

tel:099-257-9052

受付:9時~19時 土、日、祝日診療してます。

〒890-0053
鹿児島市中央町21-14
ホームページ:http://hayanokai.com/